モザンビーク、マラウィの子ども達が将来の夢を描けるように。

 
 
 
moznbiq57.jpg

代表理事の栗山 さやかについて

東京・渋谷のファッションビルのショップ店員として勤務していたが、
24歳の時に友人が夭折したことで、それまでの自身の生き方に疑問を抱き、25歳でバックパックひとつで海外に出発。

約50カ国を旅する。 2006年からエチオピアの医療施設でボランティアをはじめ、その後アフリカ各国を巡る中で、
2009年にモザンビーク北部で暮らし、エチオピア以上に過酷な環境にあるこの場所でアシャンテママを設立した。

アシャンテママでは最貧困地区に生きる子どもや女性への生活指導を開始し、更に同国の国家資格「医療技術師」の取得のため医療学校へ入学。

猛勉強の末、現地の公用語、ポルトガル語での試験にも関わらすトップの成績で同資格を取得した。

アシャンテママでは、子どもと女性合わせて約600名近くにまで増えている登録者に対し、
生活指導、教育指導、医療援助などの支援プログラムを無償で提供している。


OUR MISSION

モザンビーク、マラウィの子ども達が将来の夢を描けるように。

 
 

 

what we do

アシャンテママの活動について

 
20180406_1757444.jpg

一人でも多くの子供たちに教育の提供を!

両親あるいは片親を亡くした子供たち、学校へ通うことができない貧しい子供たちへ、国語と算数の教育支援をおこなっています。現在は、モザンビークに2校、マラウィに1校、教育支援センターを運営し勉強会を行っています

詳しくみる→

IMG_5064.JPG

子供たちの身分証明書の取得援助

モザンビークでは、アシャンテママに在籍している子供たちの半数以上が、身分証明書を持っていません。貧しさから学校に一度も通うことがなく、毎日の生活を支えるための水汲み、薪探し、畑作業に追われ、そのまま成長してしまった子供たちが大勢います。そんな子供たちにも教育は絶対に必要です。

詳しく見る→

IMG_0217.JPG

病院で適切な治療・緊急時の援助を受けられるように!

診察代や薬代が払えず病院にいけないのを防ぐために、通院費の援助をしています。また、病気、放火、強盗に入られたなど、家に食べるものが無くなってしまった場合、食料の緊急援助をしています。

詳しく見る→

IMG_4310.JPG

生活必需品や筆記用具などの提供

履物を持たない、いつも裸足の子供たちへサンダル(130円)を配布をしています。破傷風、フックワーム等を防ぐことができます。

詳しく見る→

 
 

our mission

モザンビーク、マラウィの子ども達が将来の夢を描けるように。

あなたの1,000円でモザンビーク、マラウィの子供たちが将来の夢を描けるようになります。ご支援をお待ちしております。

 
 
 
 
20170918_1620203.jpg

Achantemama Instagram